お問い合わせ TEL 076-220-2468

金沢市公民館連合会

活動紹介

 第16回高岡市公民館フェスタへの参加について

■事業名 高岡市公民館連絡協議会設立70周年記念「第16回高岡市公民館フェスタ」

■日時等 令和2年2月1日(土)午後1時30分~「第59回高岡市公民館研究大会」、2月2日(日)午後0時30分~「ホール発表」

■場 所 ウイング・ウイング高岡(高岡市生涯学習センター)

■内 容 プログラム表紙 第16回高岡市公民館フェスタ

詳しい内容は次のとおりです。

https://www.takaoka-st.jp/events/9880

■高岡市と金沢市との都市間交流事業として、平成22年度から両市の公民館同士が連携を図り、また情報交換を推進し、文化交流活動を促進していくため、芸能及びコーラスの相互派遣を行っております。

今年度は、芸能及びコーラスを派遣する年ではありませんでしたが、高岡市公民館連絡協議会設立70周年記念として特別に依頼があり、2月2日(日)の「ホール発表」に、金沢市から「額公民館コーラス白もがくれん」が出演しました。

2020_0202市公連関係0014 2020_0202市公連関係0015 2020_0202市公連関係0016

・13番目の午後2時30分から、21名の出演者が「りんご娘の歌」「金木犀の匂う道」「この街で」の3曲を合唱し、特に「りんご娘の歌」は踊りも披露しました。出演者と観客が一体化した舞台で臨場感があり、多くの観客に大きな拍手をいただきました。

・額公民館コーラス白もくれんは、平成と共に誕生し、令和元年11月に30周年記念コンサートを開催しました。主な活動は公民館行事に参加し地域の皆様に聴いてもらい、石川県合唱連盟に所属し発表の場もあります。週に一度「心を合わせ美しいハーモニーをつくろう」をモットーに練習に励んでおり、この度は、50年前の「りんご娘の歌」を復活させ、公民館委員の皆様の踊りと共に披露いたしました。

・りんご娘の歌について、「りんご娘」は、リンゴの共同出荷が始まった1957年(昭和32年)、額農業協同組合が農家の生産意欲を高めようと制作を決めました。公募の結果、作詞は「百万石節」の梅木勝吉さん、作曲は「月の法善寺横丁」で知られる飯田景応さんが手掛けられました。「りんご娘」の歌詞は以下のとおりです。

一、

白い手ぬぐい姉さまかぶり

紺のかなりに紅たすき

額を通ればりんご招く

どれが祝でどれが旭で娘やら

二、

摘んじゃいけない摘まれちゃならぬ

みのるその日が来るまでは

りんご娘は嫁ごろ見ごろ

花を摘む間も化粧する間も口説かれる

三、

可愛いりんごの嫁入り先を

ほれた案山子が気を揉みやる

虫がつくとてお父とふたり

山で暮した丘で明かした夜もある

四、

さあ召しませこの一玉に

にじむ苦労は楽じゃない

旨い筈だよ「石川りんご」

娘ごころがかけた情が味となる

■出席者

・2月1日(土)午後1時30分~「第59回高岡市公民館研究大会」には、金沢市教育委員会生涯学習部中坂暢江部長、金沢市公民館連合会関戸正彦会長が出席しました。

・2月2日(日)午後0時30分~「ホール発表」には、額公民館コーラス白もくれん21名の皆様、額公民館山谷道明館長、髙木浩之主事、髙桑眞代主事補、金沢市公民館連合会関戸正彦会長、武藤廣行副会長、森田勝事務局長が出席しました。

■高岡市公民館フェスタの様子

2020_0202市公連関係0002 2020_0202市公連関係0003 2020_0202市公連関係0008

2020_0202市公連関係0010 2020_0202市公連関係0017 2020_0202市公連関係0018

■令和2年2月16日(日)午前8時30分~金沢市文化ホールにて「第57回金沢市公民館大会・公民館フェア“楽集”」が開催されます。多数の方のご来場をお待ちしております。

https://www.bunka-h.gr.jp/event/5076

> 前のページに戻る

あなたがつくる公民館 -公民館活動のしおり-

デジタルアーカイブ

金沢をまるごと!「走る!」 金沢マラソン KANAZAWA marathon

金沢市公民館連合会創立70周年記念公民館PR動画